タダシップの歴史について

タダシップとは、インドのマハーラーシュトラ州(Maharashtra)のムンバイ(Mumbai)に拠点を置くシプラ社(Cipla Limited.)が製造販売するシアリスと同じタダラフィルを有効成分とするED治療薬です。Cipla社は心臓疾患薬、関節炎薬、糖尿病薬、抗うつ 病、抗生物質を製造し、近年では店頭ヘルスケア事業(OTC)や幹細胞製品等の再生医療にも力を入れている企業でインド国内でもTOP3に入るほど大きな 製薬会社です。またインド国内にて8つの拠点にて34個の製造ユニットを持ち170ヶ国にて販売実績を持ち従業員の和も2013年には22000人を超えるインドでは知らない人はいない大企業に成長しています。
タダシップは勃起成分のタダラフィルを含んでいます。
そして有名な製薬会社であるシプラ社によって製造されているため、安心して服用できます。
このタダラフィルの英語表記「tadalafil」とシプラ社の「cipla」。このtadaとcipを併せた「tadacip」が名前の由来となっています。
タダシップの飲み方は、基本的にセックスの1時間前に1回10~20mgを服用します。
ただし10mgで効果が得られないからと、追加でさらに10mgを服用することは禁止です。
24時間以上あけてから20mgを飲むようにして下さい。
服用後の効果が出るまでの時間が30分から40分と比較的早いことと、勃起効果が長いと言う事でとても人気があります。
ED治療薬と言えば、勃起不全に悩む男性にとってまさに神の助けとして重宝されてきました。
先駆けであるバイアグラを始め、現在では実に多くのED治療薬が世界中で使用されています。
最近では個人輸入などで安価なジェネリック医薬品を入手することもでき、ますます人々に支持されてきています。
中でも最近使用者が増えているのが、タダシップという薬です。