タダシップの特徴

世界100ヵ国以上で1,000万人以上が使用と言われ、発売から2年未満の短時間でED治療薬としての全世界シェアが42%となり世界市場で第一位となったことが発表されました。タダシップはどうしてこんなに人気があるのでしょうか。タダシップの主要成分から説明したいと思います。

もちろんタダシップがこんなに人気がある原因はタダシップの効果にあります。タダシップ20mgの主要成分はタダラフィルで、白い粉末で水に溶けない性質があります。タダラフィルは、生体内で環状グアノシンーリン酸(cGMP)の分解をしている5型PDE-5(ホスホジエステラーゼ)の酵素活性を阻害します。この酵素の影響が強すぎることで、下半身内部にある海綿体の平滑体に対して、血流を減少させるために、「勃起できない・・・勃起が中途半端・・・」になってしまいます。タダラフィルがPDE-5を抑制することにより、陰茎周辺部(もしくは肺)のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、平滑筋が弛緩して、陰茎への血流が増加により機能すると考えられています。つまり、若いころの自分に戻れるということになります。

まず、服用してから有効性は36時間までずっと続きます。そして、食事やアルコールの影響があまり受けなかったです。でも、違うところがあります。この違うところがすべてジェネリック薬と一緒、これは本物の価格より結構やすいで、半分ぐらいの価格で購入することが可能です。